お客様との積極的なコミュニケーションで
期待に応えるシステムをゼロから構築。

Career2

2008年入社 理学部物理学科卒
証券事業部 課長代理 開発担当

コンサルタント(入社当初)→アプリケーションプロフェッショナル(現在)→プロジェクトマネジメント(将来)

私のキャリアステップ

1年目
証券事業部に配属。プログラム開発チームで開発と検証を担当
2年目
証券相場情報システムの設計・開発を担当
4年目
チームリーダーとしてプロジェクトを統括。社内はもちろん、協力ベンダーとの折衝も担当
7年目
プロジェクトリーダーとしてお客様対応を含むプロジェクトの取りまとめを経験
9年目
課長代理に昇進。担当部署に加え、新技術の調査・導入チームのマネジメントも担当

入社動機

自社システムを持ち、
要件定義から運用まで携わることができる

就職は、いろいろな業種を見てみようと思って活動を開始。ITは間口がとても広いことから興味を持ち、「形のないもの」をお客様と一緒につくり上げるSEという職種が、自分のイメージしていた仕事に近いと感じたことから、目指すようになりました。
JIPを選んだのは、先輩社員から聞いた「自社システムを持っていて、要件定義~開発~運用までの全てに携われる」という特長に魅力を感じたから。さらに、興味があった証券をはじめ、産業や公共など事業領域が幅広く、様々なことに挑戦できると思ったからです。大学ではITと全く関係のない物理を専攻しましたが、研究を進めるときに身につけたロジックの組み立て方や考え方が、今の仕事に役立っていると感じています。

CAREER

プログラミングスキルと業務知識を活かして設計を担当

最初に成長を感じたのは、2年目。証券会社のお客様と証券取引所を直接つないで情報を取得する相場情報システムの開発プロジェクトに参加したときです。1年目の仕事を通じて習得したプログラミングのスキルと証券の業務知識を設計に活かすことができ、技術者としてワンランク、ステップアップできたことを実感しました。
プロジェクトは忙しく大変でしたが、自分の携わったシステムがお客様に使われているところを初めて見たとき、仕事の達成感とやりがいを感じました。

チームリーダーとして、メンバーのマネジメントを経験

4年目に参加したプロジェクトではチームリーダーを任され、開発を要件定義から担当しました。このときに実感したのが、1年目に取り組んだプログラミングの大切さです。チームリーダーとして初めてプログラミングを担当するメンバーのマネジメントに取り組んだとき、私自身がプログラミングを経験していたことからスムーズに進めるコツがわかり、的確な指示が出せたのです。入社したときに上司から言われた「SEとしての信頼度を左右するのは、若いときに取り組むプログラミングへの真剣さだ!」という言葉の意味を、このとき実感しました。
また、外部ベンダーとの協業も、初めて経験。リーダーとして外部の組織をうまく活用して意図通りのシステムを構築するためには、最初のミーティングでお互いの開発方針を確認するだけでなく、社内の技術者と同じように、1週間に1回は集まって進捗を確認することが重要だと学びました。

プロジェクトリーダーを任され、お客様対応の大切さを実感

証券取引の制度変更に伴う案件でプロジェクトリーダーを任され、頻繁にお客様を訪問するようになりました。お客様と直接話す機会が増えて感じたのは、言葉の奥にある本当にやりたいことがつかめるようになったことです。おかげで、よりニーズに応えられるシステム構築が実現。プロジェクトリーダーが、直接お客様を訪問して話をする大切さを実感しました。 9年目の2月には、課長代理に昇進。新技術の調査・導入チームのマネジメントも担当することになりました。このチームは、世の中で新しい技術が発表されると、社内から関連する技術的な問い合わせが次々に寄せられる部門。前例のないことに取り組むため、情報収集には本当に苦労しますが、そのぶん、大きなやりがいも感じています。

FUTURE

PMとして大規模な証券システムを構築

証券事業部が取り組むのは、大規模プロジェクトばかり。将来は、そうした大規模案件をプロジェクトマネージャー(PM)として担当し、お客様の期待に応えるシステムをゼロから構想して実現することを目指しています。
そのために必要だと考えているのが、コミュニケーションです。よく言われることですが、「プロジェクトは生き物」であり、予期しないことがいろいろ起こります。そのため、常にメンバーとのコミュニケーションを図り、一人ひとりの想いや提案を吸い上げ、プロジェクト運営に反映しなければなりません。予期せぬ事態が発生したときも、みんなの意見をまとめて素早く全員の意志統一を図り、一丸となって目標とする開発が推進できるよう、全力を尽くします。

MESSAGE

◎内定を目標にしないこと。その会社に入って何がしたいのか、何を目標にするのかを考えながら、就職活動をしてください。

◎コンサルティングだけ、営業だけ、プログラミングだけ、といった特化したスキルではなく、お客様対応から要件定義、設計、プログラミング、運用、保守、さらには営業と、トータルに取り組みたいと考えているなら、JIPはきっと満足できると思います。『11のプロフェッショナル』も、事業領域が幅広いJIPだから、目指せるものです。