誰からも信頼される設計者になりたい。
プログラム作成の経験を積むことで
見えてきた次の目標。

Career3

2016年入社 経済学部卒
証券サービス統括部 開発担当

アプリケーションプロフェッショナル

私のキャリアステップ

1年目
証券事業部の開発チームに配属。通常業務だけでなく証券基幹システムのオープン化プロジェクトに参画
2年目
証券会社社内システムのプログラム作成を担当。機能追加案件において初めて詳細設計を経験

入社動機

就活で知った、
ものづくりへの興味

就職活動のスタート時は、自分に身近だった化粧品メーカーの営業職を考えていました。ただ、色々な会社を回るうちに「自分には営業の仕事は向いていないのでは」と感じ始め、視野を広げて会社を探す中で出会ったのがJIPでした。何気なく会社説明会に参加したところ惹きつけられたのが、誠実に対応してくれた社員の方たちの印象の良さでした。さらに仕事の内容を聞くと、システム開発もものづくりの1つであり、文系出身でも開発に携われることを知り、興味が一気に高まりました。就活を通じて、自分はものづくりに興味があったことに気づき、JIPならそれができると知れたことが一番の入社動機です。
信頼を感じた社員の方たちが「文系出身者でもシステムの開発をしている」と言っているのだから大丈夫だろうと、知識的な面では特に不安もなく入社を決めました。実際、入社後の研修やOJTを通じて必要なことは学び、1年も経てば開発チームの一員として仕事ができるようになっています。

CAREER

グループ全体、JIP全社、配属部署と様々な研修を受講

入社後の半年は、学生時代が続いているような(それ以上の?)勉強漬けの毎日でした。最初の1ヵ月半は、NTTデータのグループ会社合同での新入社員研修。ここではJIPと他社の区別なくいくつかのクラスに分かれ、ビジネスマナーやITの基本知識を学びました。
次の2ヵ月はJIPだけの集合研修で、Javaを使用した少し実戦的なシステム開発を体験。さらに私が配属された証券事業部では部署独自の研修が1ヵ月ほど加わり、ここでは証券システムに必要なCOBOLを勉強。講師役を入社2年目の先輩たちが務めることに特色がありました。

プログラミングを一通り理解

様々な研修を終え、秋に入る頃から業務に就いたのですが、最初に戸惑ったのが設計書のバリエーションの多さでした。とてもきめ細かに書いてあるものや、重要なポイントだけが示されているものなど、実際の設計書は研修で知ったものとは大きく異なり、設計者の意図の理解から始める必要があるのは意外でした。ただ、先輩のサポートのおかげで徐々に馴れ、年が明ける頃には先輩に聞いたり、手順書を見なくても一通りのプログラミングができるようになりました。
そして1月から3ヵ月間、証券システムのOSをWindowsに替えるオープン化プロジェクトの支援に参画しました。所属部署には入社1?3年目の若手社員が集まっていたのですが、プロジェクトチームは中堅?ベテランばかり。馴れない環境に緊張しつつも、実データでの稼働検証といった作業に加われたのは貴重な経験になりました。

既存システムの機能追加で、初めて設計を経験

プロジェクトチームを支援していた時期を除き、業務に就いてから主に担当してきたのはプログラムの作成でした。所属部署の仕事としては、小規模な案件で設計を行うこともあり、私も配属から1年ほど経った頃に初めて設計業務を経験しました。内容は、既存のシステムへの機能追加だったのですが、それまで関わってきたシステムとは少し用途が異なっていたため、調べることが多く悪戦苦闘。当初の期限内に設計書を完成できず、後工程担当の方たちにご迷惑をかけてしまいました。ただ、この経験を通して、あらかじめ押さえておくべきポイントを知ったので、今後の仕事に必ず活かそうと肝に銘じました。

FUTURE

当面の目標は、信頼される設計者
さらに将来には証券以外の分野でも

プログラム作成の流れや内容が分かり、設計も経験し、今後はもっと設計の仕事に関わりたいと考えています。上司から「これからやりたいこと」を聞かれることがあるのですが、最近は「設計」と明確に答えられるようになってきました。様々なタイプの設計書を見てきた経験を活かして、よりプログラミングしやすい設計書を作れるようになり、「彼女の設計書なら信頼できる」と言われる設計者になりたいです。そのためには各プログラムの処理内容や、様々な業務の知識など、学ぶべきことはたくさんあります。
NISA(少額投資非課税制度)やマイナンバー制度の導入など、社会の変化に伴ってシステムが進化し続けるのは証券システムの大きな魅力。ただ、JIPの特色は様々な分野のシステム構築を手がけていることにもあるので、証券である程度の手応えを得たら、他の分野のシステム設計に挑戦してみたいとも思っています。

MESSAGE

◎私が就職活動を始めてから当初の考えを変えたように、就活は目標を定めすぎず、視野を広げて取り組んだ方が良い結果が得られると思います。私の場合は、大学が滋賀にあったこともあり名古屋と大阪中心の就活だったのですが、電車の乗り換えなどに苦労しつつも、色々な場所に行き、様々な会社の色々な方にお会いできたのは今思えば非常に貴重な経験になっています。

◎所属部署の特徴かもしれませんが、若い社員が多く、若手のときから後輩を育てる風土があるのはJIPの魅力だと感じます。入社1年目の所属部署での研修も、講師を務めるのは1年上の先輩。私も2年目になったときは、同じ部署の同期で分担して新人研修を任されました。後輩の指導は自分の成長にもつながるもので、社員同士が助け合い切磋琢磨する風土が根づいていることを、このときに実感しました。