リーダーからマネージャーへ。
基幹システム『JIPROS』の開発を通じて
次々に広げてきた自分の役割。

Career4

2008年入社 文学部卒
産業事業部 法人統括部 開発担当

(入社当初)アプリケーションプロフェッショナル→(現在)アプリケーションプロフェッショナル→(将来)プロジェクトマネジメント

私のキャリアステップ

1年目
現在の部署の前身であるJIPROSセンター開発担当に配属
2年目
JIPROSユーザーの、保守サブリーダーを担当
4年目
既存ユーザーの機能追加プロジェクトにおいてリーダーを担当
7年目
新規顧客への導入プロジェクトにおいてプロジェクトマネージャーを担当
9年目
並行する複数顧客への導入プロジェクトにおいてプロジェクトマネージャーを担当

入社動機

入社の決め手になったのは
文系でもシステム開発に加われること

もともと製造業に興味があって、就職活動を始めたばかりの頃は食品や生活必需品などの「ものづくり」の会社を考えていました。しかし、あるとき知り合いのIT企業に勤める方に話を聞いたのをきっかけに、情報システムの開発も「ものづくり」の1つだと知り、IT業界に興味を持ちました。
ただ、文系出身なので応募時の希望はすべて営業職。ものづくりに近いところで営業の仕事ができればと思って就活を進めていたところ、JIPの面接で投げかけられたのが「あなたは開発にも向いていそうですね」との言葉をもらいました。そんな言葉は他のシステム会社で言われたことはなく、自分自身もものづくりに加わりたいと考え、面接が進む中で社員の方たちの雰囲気も自分に合うと感じ、JIPへの入社を決めました。

CAREER

既存ユーザーの機能追加において、初めて開発リーダーに

私は入社以来、製造業向けの生産・販売・原価管理などを担う基幹システム『JIPROS』の開発に携わってきました。最初に担当したのは、すでにJIPROSをお使いいただいている医薬部外品メーカーのお客様への対応で(医薬部外品や化粧品はJIPROSの主力業種)、定期的に訪問して運用・保守を行いながら、お客様がなぜJIPROSを導入したのか、今の問題点や将来的なニーズなどを把握しました。そうして入社4年目に迎えたのが新たなサブシステムの追加構築で、複数のメンバーを率いるリーダーを務めたことは大きな経験になりました。自分1人が頑張れば何とかなるという話ではなく、メンバーをどう束ねれば最良の結果が得られるかを考えさせられました。

複数のメンバーを率い、JIPROSを新規顧客に導入

入社7年目に入ったこの年、新規顧客へのJIPROS導入プロジェクトのプロジェクトマネージャーを務めることになりました。これまでの既存顧客の対応に比べ、自分がやるべき仕事の幅は格段に広がりました。 新たな顧客は北陸の飲料メーカーで、まずはお客様がJIPROS導入により期待することなどをヒアリング。「JIPROSをこのように使えば、もっと業務改善につながるのではないか」と、様々な提案ができたことに大きな手応えを感じました。何度も北陸出張を重ねて大枠が固まれば、次は要件に合わせたシステムの構築。プロジェクトに関わるメンバーが増え、そこでリーダーシップを発揮する難しさはあったものの、無事に導入を終えた達成感は特別なものでした。

業務の幅がさらに拡大。複数の新規導入プロジェクトのマネージャーに

最初は既存顧客1社のシステム保守や機能追加、次に新たな顧客へのシステム導入を経験し、次に巡ってきたのが複数の顧客へのシステム導入という役割でした。ただ、これまで携わってきた顧客のシステム担当も外れるわけではなく、新たな、しかも複数の顧客への新規導入を担うことになりました。社歴を重ねるうちにどんどん担当業務の規模が大きくなって苦労も増えるのですが、自分の意見を反映したシステムが次々に導入されていくことにやり甲斐を感じます。また、色々な製造業のものづくりに参加できることも楽しく、結果的に「面白い仕事ができている」と感じています。

FUTURE

より大きなスケールでの
組織のマネージメントを目指す

現在は、これまで担当してきたお客様のシステム更新などに対応しつつ、JIPROSの全ての開発案件を管理するチームリーダーを担っています。リーダーとしては、複数の開発案件をスムーズに進めるため、メンバーのスキルや目標を考えながら最適な人員配置を行うのが重要な役割。スケジュールだけでなく、コストや品質への配慮も欠かせません。難しい役割ですが、チームの全体最適を追求できるところにやり甲斐を感じています。
こうした開発案件におけるマネージメントの経験を積んだ上で、将来はより大きな組織の管理ができる人間になりたいと思っています。業務を担うこと、プロジェクトに参加することで各メンバーが成長し、JIPの競争力強化にも結びつく管理ができるようになることが目標です。

MESSAGE

◎就職活動は、様々な業界・企業・職種を一気に知ることのできる絶好の機会なので、ぜひ有意義に、また楽しんで取り組んでいただきたいと思っています。気になる企業や職種に出会ったら、そこで働いている自分をイメージすることが最適な会社選びにつながるはずです。

◎JIPの魅力として伝えたいのは、社員1人ひとりの考えを大事にしてくれるところ。私は去年、働き方改革の一環として各部署から若手を集めて議論する「ダイバーシティ&インクルージョン」のワーキンググループに参加したのですが、ここでまとめた提案は会社の経営層にしっかり届き、制度面などに反映されています。