Recruit

人事部長メッセージ

お客様に「変革」をもたらし、社会に貢献するITを構築する

日本電子計算(JIP)は、1962年の創立以来、金融、証券、公共、産業の各分野において、先進的なITソリューションを提供し続けてまいりました。

創立当時、我が国のITがまだ未整備だった時代に、JIPでは世に先駆けて大型計算機を利用した受託計算サービスをスタートさせました。以来、時代の変遷とともにクライアント・サーバ型サービス、インターネット技術、仮想化技術、クラウド・コンピューティング・サービスなど、つねに最先端技術を取り入れることで、お客様にとって価値あるITサービスを提供し続けています。

経済のグローバル化が進み、あらゆる社会機能が高度化している昨今、ITが仕事や暮らしに与える影響力はますます大きなものとなっています。その中でITサービスを提供する私たちには、お客様の「ビジネス変革(イノベーション)」や、社会そのものに貢献する質の高いソリューション・サービスの提供が求められています。

既に当社では業務プロセス全体の再設計に加え、個別ニーズにお応えする高効率・高信頼の業務処理サービスの事業化など、より質の高いソリューションを提供できる体制を構築しました。また、創立50周年を迎えた2012年3月にはNTTデータ・グループに参画し、より幅広い視点からのサービス提供に取り組んでいます。

あなたの技術と情熱で、新しい時代の扉を開いてほしい。

JIPが求めているのは、強い意志を持って仕事に取り組める人材です。会社全体が再成長を志向している今、社員にはあらゆる局面でチャレンジングになってほしいと考えています。新しく加わる人にも、主体的に考え、行動し続けることで、会社の価値を高めていってほしいと思っています。

その一方で、協調性やバランス感覚も重要です。どのような仕事であっても、一人でできることには限界があります。上司や同僚と協力して業務に携われる力が、円滑な受注活動やプロジェクト推進においては鍵となります。

すなわち、個性と協調性、この2つを兼ね備えていれば、どのような人であっても、JIPは扉を開いています。出身の学部学科も問いません。多様な得意分野を持った人材が集まれば、目まぐるしく変化する時代においても、新たな価値を創造し続けることができるはずです。

現代社会におけるIT技術は、社会そのものを変革させるような大きな力を秘めています。情熱を持って時代を変革し続け、そして、時代とともに自らを成長させることができるみなさんとともに、仕事ができる日を楽しみにしています。