Work

職種紹介

JIPでは企画・要件定義から保守・運用に至るまで、
トータルな視点で価値あるITソリューションを提供しています。
新入社員の方は「システムエンジニア(SE)」と「営業」のどちらかへの配属を予定しています。

SE

実際に知識や技術力を発揮することで、
より良いシステムを作り上げるのがSEの役割。

机上に向かってプログラミングをするだけがSEの仕事ではありません。JIPではお客様と直接契約しているプロジェクトが大多数を占めており、上流工程と呼ばれる企画・要件定義の段階からお客様と密なコミュニケーションをとる必要があります。そして下流工程と呼ばれる稼動後の保守・運用までをワンストップで提供しているJIPだからこそ、お客様の真の問題・課題を発見し、解決方法を提案していく力が求められます。また、プロジェクト遂行にあたっては、チームでの情報共有や協調性も重要になります。

システムエンジニアの役割

様々な関係者をまとめ、
JIPのシステム開発をリードする

SALES

お客様とのコミュニケーションの最前線に立つことで、
JIPに新たなビジネスを生み出すのが営業の役割。

お客様に言われたことに対応するだけでなく、自らお客様の問題・課題を発見し、SEとともに解決するソリューションを考え、提案していく積極的な姿勢が求められます。担当分野の業界や業種、業務知識を深めることで、お客様を深く理解する営業のエキスパートとして存在価値を高めていきます。また、お客様とシステムエンジニアを結ぶ架け橋として、協調性や調整力も重要になります。実務を通して業務知識を身に付けたSE出身の営業もいますが、持ち前のコミュニケーション力を武器に入社当初から営業として活躍している人財も少なくありません。

営業の役割

質の高いサービスを提供し続けるために、
常にお客様に寄り添いニーズを掴む