概要

当社のドキュメントマネジメントサービスでは、業界業種を問わずお客様が抱える文書電子化ニーズに適したコンサルティングから電子化作業を提供します。
文書電子化において要となるスキャニング処理では、書類の種類によってその取扱いが異なるため、多くのノウハウをもつ文書の取扱いのスペシャリストである文書情報管理士資格を有する専任スタッフの下、作業を行うため高品質のサービスを提供することができます。

<取り扱うことのできる紙文書の種類・サイズ>

  • 種類:法的文書(契約書類など)、一般文書(社内文書など)、設計図など
  • 対応サイズ:A版、B版規格の全てのサイズ

特徴

トータルサービス

紙文書の引取/整理作業/電子化作業(電子化移行)/保管/廃棄処理に至る、トータルサービスを提供することでお客様の負担が軽減します。

多彩なサービス

お客様の文書管理ニーズに応じた適切な電子化サービスを提供します。

紙文書の単純電子化作業

紙文書をスキャニングし、電子化文書に移行します。

電子化文書管理システム(検索システム)の提供

お預かりした紙文書を電子化文書へ移行後、お客様のPC環境から電子化文書を閲覧・検索できるシステムをメディアに格納し提供することができます。
検索機能を活用することで、閲覧が必要なときに、検索キーワードから容易に文書を閲覧することができるため、仕事が効率化され生産性が向上します。

文書ライフサイクル

作成を除く、参照・配布から更新・保管・保存・廃棄までのすべての局面においてお客様を支援することができます。
電子化文書へ移行後の紙文書の取扱いでは廃棄するのか、自社または倉庫業者へ一定期間保管しておくのか考える必要があります。
当社では、紙文書の保管、廃棄などの付随業務も行っており、電子化後のアフターフォローも充実しております。

導入効果(メリット)

当社のドキュメントマネジメントサービスを利用することで以下の導入効果が得られ、お客様ビジネスの生産性向上が期待できます。

ドキュメントマネジメント01

サービス導入の一例

サービス導入の一例をご紹介します。
紙文書のスキャニングを行い、電子化文書へ移行。
その後、電子化文書管理システムに登録しメディアでご提供、電子化済みの紙文書の保管や廃棄などの付随業務まで取り入れたトータルサービスフローになります。

jirei1

サービス導入実績

金融機関・自治体をはじめ一般事業会社まで多数の導入実績を有しております。

導入先業種一覧

dounyuujisseki

文書の電子化を取り巻く環境

近年、文書の電子化を取り巻く環境は、2005年に施行されたe-文書法(電子文書法)により、これまで商法や税法などで紙媒体で保存が義務付けられていた文書について、電子的記録による保存が法的に認められたことにより、紙文化(アナログ)から電子化(デジタル)へパラダイムシフト(ペーパレス化)が始まりました。
これにより、文書のライフサイクルにおける管理コスト削減、ビジネスプロセスの迅速化・効率化が期待でき、生産性の向上により企業活動に大きなインパクトを与えました。
それだけでなく内部統制における管理面、CO2削減といった環境問題の観点からも、文書の電子化は多くの企業が取り組むべき課題として継続的に推進されています。

※e-文書法で定められている文書の種類について経済産業省のHPよりご確認いただけます。
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/index.html