業種
ソリューション

概要

2013年6月に可決されました、「厚生年金基金制度の見直し法案」を受けて、厚生年金基金様では、解散・代行返上などの対応が必要となります。
日本電子計算では長年に亘って培った年金基金業務にかかわる数多くのBPO(Business Process Outsourcing)サービス・ノウハウを駆使し、貴基金の見直し法案への円滑な対応を目的として、多数のお客様での実績をベースに、貴基金にとって最適な業務支援をご提案いたします。

解散処理の流れ

例えば・・・
基金様がご自身で解散処理を実施される場合に、検討しなければいけない項目や、段取り、必要な人員数など、様々な課題が生ずることをご存知でしょうか?

◆解散処理の経験(効率的な業務計画が立てられるのか?)
◆解散処理作業員(追加で何名必要になるのか?)
◆作業場所(作業場所の確保は?個人情報の管理・保管はどうするか?)
◆作業内容把握(何をする必要があるか知っていますか?)
◆作業期間(いつまでに、実施しなければならないのか?)

日本電子計算では、全ての課題を計画通りに対応いたします

解散処理の流れ

日本電子計算が選ばれる理由

  • 工程管理作業として、解散業務の詳細な作業計画を作成し作業漏れを防止
  • 適確な要員計画を策定し、各社(基金様、受託機関、既存ベンダー、弊社)の作業分担を明確化
  • 厚生年金基金、並びに企業年金基金の年金業務に精通した人材が豊富
  • 解散処理を手掛けた経験が豊富(企業年金連合会、大型基金の解散処理)
  • 他社とのデータ連携を標準化することで、どの工程からでも支援が可能
  • 記録整理から通知書の発送業務まで、トータルサービスにより基金様の負担を軽減
  • 別途、基金様・適用事業所様のご希望がございましたら今後の退職制度に対応するための受託機関をご紹介

日本電子計算では蓄積されたノウハウを基に業務が標準化されています
(経験を活かした情報で基金様の効率的な処理が可能)