概要

Mathematica は20年以上にわたり、大胆な設計方針に基づいて構築されてきており、
今や世界究極の計算プラットフォームとなっています。

ほとんどのワークフローには結果の計算が関わっています。その計算を行うのが Mathematica です。

Mathematicaは、ヘッジファンド取引のWebサイト構築やインタラクティブな工学の教科書出版から
埋込みの画像認識アルゴリズムの開発や微積分の指導に至るまで、すべてに役立ちます。

Mathematica は世界で究極の科学技術計算アプリケーションとして知られていますが、それだけではありません。

Mathematica は計算をワークフロー全体に完全に統合する唯一の開発プラットフォームであり、
最初のアイディアから個人や企業ソリューションの配備までのシームレスな移行を可能にします。

特徴

自動化

自動化は計算が実り多い結果を出す鍵となるものです。
Mathematica は他のシステムと異なり、アルゴリズムの選択からプロットのレイアウトやユーザインターフェースのデザインまで、システムのあらゆる部分にインテリジェントな自動化を適用します。
このため、アルゴリズムのことを知らなくても、信頼できる質の高い結果を得ることができます。
アルゴリズムを使い慣れたユーザ も、この自動化によってより速く結果が得られます。

Mathematica_02

※Mathematica の高度な適応メソッド、特徴検出、レイアウトとスタイルの自動化機能により、正確でしかも美しい可視化が作成できます。

統合された一体型プラットフォーム

特化されたソフトウェアとアドオンツールボックスを使ったのでは、ソフトウェアの購入価格以上の出費となることもあり、新しいアイディアや分野をクリエイティブに研究することが難しくなります。

Mathematica にアドオンは必要ありません。
Mathematica には計算生物学からウェーブレット解析にいたる多数の技術分野に特化された機能が装備されており、そのすべてがシステムの残りの部分と一体化しているのです。

記号と数値のハイブリッドメソッド

残念なことに、記号計算と数値計算はこれまで別々のものだと考えられていました。
Mathematica では記号計算と数値計算がシームレスに統合されており、多くの問題でユニークなハイブリッドメソッドが使えるようになっています。
このため、どのような精度を組み合せても一貫した結果が確実に得られます。

マルチパラダイム言語

すべての問題に理想的な一つのプログラミングスタイルなどありません。
Mathematica が従来のコンピュータ言語より優れている点は、手続き型、関数型、ルールベース、パターンベース等多数のプログラミングパラダイムを同時にサポートするところです。

mathematica_clip_image004_0000

※Mathematica の高度な適応メソッド、特徴検出、レイアウトとスタイルの自動化機能により、正確でしかも美しい可視化が作成できます。

組込みの知識

標準データの検索やアップデートによって、ワークフローが中断されることがあってはなりません。
Mathematica は注意深く精選されたあらゆる分野のデータを含んでおり、常にアップデート・拡張されているという点で、数ある技術計算プラットフォームの中でもユニークなものとなっています。

ドキュメントベースのワークフロー

データ処理にはあるプログラムを使い、可視化には別のプログラムを、インタラクティブなプレゼンテーションにはまた別のプログラムが必要ということはあるべきではありません。
Mathematica はすべてを一つのワークフローで実行し、計算、可視化、データ、ドキュメント、インタラクティブなアプリケーション等プロジェクトの要素すべてを一緒に非常に柔軟なドキュメントに保存します。

mathematica_clip_image006_0000

※Mathematica ノートブックとCDF(計算可能ドキュメント形式)ファイルで、計算、インタラクティブな可視化、データ、テキスト等がまとめられます。