導入事例 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券様

証券
OmegaFSシリーズ

「OmegaFSシリーズ」導入事例のご紹介(2017年7月)

証券総合システムをオープン化・移行完了

当社は、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社(以下、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券)様向けの証券総合システムをオープン化し、2017年5月14日に移行を完了しました。

背景

当社は、これまで三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券様向けとして、メインフレームによる証券総合システム「SIGMA21-χ」をベースとしたシステムでサービスを提供してきました。この度、証券総合サービスを「OmegaFSシリーズ」としてオープンシステム化・大幅刷新したことに伴い、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券様に対し、証券総合システム「OmegaFS/ES」の機能や「OmegaFSシリーズ」の周辺システムを活用して、環境の変化に柔軟に対応し、コスト面・運用面において長期にわたり継続的に安定利用できるよう、これまで提供してきたシステムをオープン化し刷新しました。

プライベート・バンクに特化した三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券様向け準専用システム「SIGMA21-WM」として、2017年5月14日に移行を完了し、運用サービスを開始し安定稼動しています。

「SIGMA21-WM」のコンセプト

「SIGMA21-WM」は、以下のコンセプトを基にした三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券様向け準専用システムです。

  • ウェルス・マネジメント戦略をシステム面からサポート
  • 充実した外国証券取引機能
  • 「OmegaFS/ES」の機能や、「OmegaFSシリーズ」周辺システムを活用した効率的なシステム

システム概念図

お客様プロフィール

関連リンク

PICK UPピックアップ

イベント
2021/10/06:#全業種共通 #ソフトウェア #ITサービス

2021/11/09 JTS Tech Conference 2021開催のお知らせ

ニュースリリース
2021/06/25:#金融 #クラウドコンピューティング #業務支援・文書管理

日本初、社債発行業務を迅速化・ペーパーレス化するクラウドサービスを構築開始

ニュース一覧を見る