企業情報

環境への取り組み

IT業界は過去からわが国の発展に大きく貢献して来ました。そして今後とも日本が継続的に発展していくための成長エンジンとして期待されていますが、また同時に、環境問題や省エネルギーといった地球規模の施策に対する貢献でも大いに期待されています。

私たちはお客様や社会構造の変革(イノベーション)に貢献するだけでなく、私たち自身が変化していく気概を持ち、さまざまな環境問題への取り組みを進めています。

電力使用量の削減

人感センサにより、人がいる場合に自動的に照明が点くような仕組みを導入しています。また昼休みの12時~13時の間にオフィスの消灯行い、社員一人一人の環境問題に対する意識も定着しつつあります。また、明るさを維持しつつ大幅な省エネを実現する高効率照明を導入しています。

夏季には、28度以上に設定された冷房に対応できる軽装の服装を着用(クールビス)するように呼びかけることで、空調機器の電力量を抑えています。

廃棄物の削減

ペーパーレス会議の実施や、文書の電子化により、紙の消費削減に取り組んでいます。
また紙のリサイクルや高速プリンタの残用紙を再利用することにより森林伐採の減に寄与しております。

環境への配慮

環境への影響を考慮して、社有車をハイブリッド車や少燃費車へのリプレースを実施しています。

データセンタにおける取り組み

データセンタでは、組織活動が環境に及ぼす影響を最小限にくい止めることを目的に定められた環境に関する国際的な標準規格である、ISO14001(環境マネジメントシステム規格)の認定を受けています。

当社では情報処理業務の中核センタとしてふさわしい、『環境マネジメントシステム(EMS)』を構築し、地域環境と地球環境のため、環境保全活動の充実を図っています。またグリーンITセンタへの取り組みも進めております。