企業情報

会社沿革

1962年(昭和37年) 東京都中央区に資本金1億5千万円をもって設立
1964年(昭和39年) 名古屋支店、大阪支店開設、名古屋支店にて民間計算センターとして
初めて地方公共団体の計算業務を受託
1969年(昭和44年) ソフトウェア受託開発を開始
1970年(昭和45年) 本支店間のオンライン処理を開始
1971年(昭和46年) 日本初の商用オンラインサービス(TSS)を開始
1973年(昭和48年) 証券システムオンラインサービスを開始
1974年(昭和49年) 建設業総合オンラインサービスを開始
1975年(昭和50年) データベースサービスを開始
1976年(昭和51年) 郵政大臣より「情報化促進貢献企業」として表彰される
日本初のPOS端末を利用した図書館管理システムを開発
1981年(昭和56年) オフコン用地方公共団体向け総合情報システム「LIFE」を開発
文献データベースサービス「JIP/BRSサービス」を開始
1983年(昭和58年) 千葉センタを開設
証券総合オンラインシステム「SIGMA」を開発
中小企業向けVAN事業を開始
1987年(昭和62年) UNIXワークステーションによるシステム構築開始
1988年(昭和63年) 通商産業省より「第1回システムサービス企業」として認定
1989年(平成元年) 東京都江東区東陽町にSASセンターを開設
「先物取引総合管理システム」を開発
1990年(平成2年) 住宅設計積算用CADシステム「SCOPE」を開発
米バテル研と提携しオブジェクト指向AI技術を導入
1991年(平成3年) オープンシステムインテグレーション事業を強化
1992年(平成4年) 情報化月間にて「行政情報オープンネットワークシステム」が表彰される
1993年(平成5年) 新証券システム「NEW-SIGMA」を開発
1994年(平成6年) 地方公共団体向け財務会計システム「FALAO」開発
1995年(平成7年) 通産省より第1回特定システムオペレーション企業として認定
地方公共団体向け総合行政情報システム「New Life」開発
1996年(平成8年) 東京証券取引所市場第二部に上場、資本金24億6千万円に増資
1998年(平成10年) 東京情報センタISO9002認証を我が国で初めて取得
(リモートコンピューティング)
1999年(平成11年) 東京証券取引所市場第一部上場
インターネット取引向け証券システム「e-SIGMA」開発
2000年(平成12年) 東京情報センタISO14001認証、プライバシーマーク取得
東京都中央区茅場町に本社を移転
2001年(平成13年) 金融証券事業部、公共システム事業部ISO9001認証取得
アウトソーシング型データセンターJIP-iDCを強化
2002年(平成14年) システム本部ISMS認証取得
2003年(平成15年) 科学技術事業部を分社化しJIPテクノサイエンス株式会社を設立
金融機関向け電子CP取引管理システム開発
中堅プロセス製造業向け統合管理パッケージ「JIPROS」販売開始
2005年(平成17年) 個人情報保護・情報セキュリティ運用支援サービスをスタート
2006年(平成18年) 持株会社JBISホールディングスを設立
経済産業省より「JIPROS」が情報化促進貢献情報処理システムを受賞
2008年(平成20年) 総合行政情報システム「WizLIFE」を開発
2009年(平成21年) 東京都江東区福住に本社を移転
「SIGMA21」の株券電子化対応
2012年(平成24年) 株式会社エヌ・ティ・ティ・データの一員へ
2013年(平成25年) 当社を存続会社としてJBISホールディングスと平成25年1月1日付で合併
東京都江東区東陽町に本社を移転
2017年(平成29年) オープン環境の証券総合サービス「OmegaFSシリーズ」を開発し全移行完了
2018年(平成30年) 東京都千代田区九段南に本社を移転