導入事例 木村証券様

証券
口座開設ペーパーレス

対面顧客向け「口座開設ペーパーレス」導入事例のご紹介(2020年9月)

木村証券株式会社様(以下、木村証券様)は、創業127年に亘り、お客様との信頼関係を第一に地域に根差した歴史ある証券会社です。

今回は、堀様(取締役管理本部長)と長縄様(総合企画室次長)に、導入の経緯や所感、導入後の効果等についてお伺いしました。
なお、導入事例を次頁でご紹介します。

Q1 「口座開設ペーパーレス」サービスの導入に至った背景、経緯についてお聞かせください。

証券口座の開設に関わる手続きは、取扱商品の増加や、制度変更に伴って年々必要書類が増え、手続きの煩雑さが課題になっていました。対面証券会社として、口座開設のペーパーレスはあまり事例もない状況でしたが、お客様の利便性向上や営業員の事務手続きの省力化のために思い切ってJIPの「口座開設ペーパーレス」サービスの導入に踏み切りました。

Q2 導入効果についてお聞かせください。

これまでは、営業員がお客様のもとへ口座開設申込書類一式を直接持参して手続きを行うケースが多い状況でした。書類の多さから一部書類の持参漏れや、書類が折れ曲がっていた等でご迷惑をお掛けすることもありました。また、お客様は高齢者が多く、複写式の書類だと筆圧が弱い方もおり、2枚目以降が薄く書き直しになるケースもありました。そのうえ、氏名・住所などの情報を何枚もご記入いただかなければならない場面もあり、お客様から手続きに関する苦言を多数いただいておりました。

しかし、現在はこのような課題が完全に無くなりました。タブレットを使い申込手続きを行うので、本人確認書類も事前にお客様にコピーをお願いする必要も無くなり、カメラ機能を用いてその場で情報を取り込むことができるようになりました。その結果、人為的なミスが無くなり、また、お客様が手続きに時間をかけることなくスムーズに完了させることができるという効果は大きかったと考えています。

実際に、営業部門からは「率直に便利になった」という感想があがっています。また、導入後に次のようなケースがあったと報告がありました。『相続手続きのために親族の方を訪問した際に、証券口座の話題になり、すぐにその場でタブレットを使い開設申込を受け付けることができた』とのことです。これは、サービス導入の効果もあり一瞬のチャンスをつかみ取ることができた好例だと思います。

一連の事務手続きに関するメリットを多数実感していますが、訪問先での事務手続きに要する時間が短縮され、限られた時間の中で他の話題に振り向ける時間を増やすことができたのが、今回導入した「口座開設ペーパーレス」サービスの一番の効果ではないかと評価しています。

Q3 今後、JIPやJIPのサービスに期待することがあればお聞かせください。

わたしたち木村証券は明治26年創業以来、愛知県を中心として地域に根差し、常にお客様との対話から丁寧なサービス提供を心掛けてきました。現在のコロナ禍において、お客様との対話の仕方も変えていかざるを得ないと考えています。

時代の変革に合わせて、スマホやタブレットなどを活用し、新しいIT技術を取り入れ、お客様と対面での商談が不可能な場合でも、営業員を身近に感じられるような新しいサービスを生み出せないか、JIPと一緒に考えていきたいと思っています。

導入事例

この度、木村証券様では、お客様の利便性向上や営業員の事務手続きの省力化のために、JIPの「口座開設ペーパーレス」サービスの導入に踏み切りました。これにより、できる限り紙媒体を減らし、お客様の利便性向上や営業員の事務手続きの省力化の実現を目指しました。

関連リンク

PICK UPピックアップ

イベント
2021/10/06:#全業種共通 #ソフトウェア #ITサービス

2021/11/09 JTS Tech Conference 2021開催のお知らせ

ニュースリリース
2021/06/25:#金融 #クラウドコンピューティング #業務支援・文書管理

日本初、社債発行業務を迅速化・ペーパーレス化するクラウドサービスを構築開始

ニュース一覧を見る