ニュースリリース

自治体専用IaaSサービス「Jip-Base」障害についてのお詫び(2019年12月9日時点)

 当社がサービスを提供する自治体専用IaaSサービス「Jip-Base」に12月4日(水)10時56分頃から発生している障害のために、本日12月9日(月)時点においても「Jip-Base」のサービスの大半がご利用いただけない状況が継続しております。

 ご利用のお客様、また本障害の影響がある自治体の住民の皆様には、引き続きご不便をおかけしており、誠に申し訳ございません。

 本障害発生後、IaaSサービス「Jip-Base」の全面復旧を目指して全力を挙げて作業を進めてきました。ストレージのファームウェア不具合が引き起こしたハードウェアの故障は修復したものの、その後の動作確認において各種データへのアクセス処理が正しく動作しない事象が判明し、現時点でもその解消に至っておりません。そのため、当初計画の大幅な見直しが必要であると判断しています。

 現在、「Jip-Base」のサービス復旧計画の再策定を行っており、現時点で全面復旧の目途をお知らせすることができません。全力を挙げて事態の収拾に努めると共に、計画を策定次第、速やかにお知らせいたします。

ご関係の皆様に、多大なるご迷惑をおかけしている点について、重ねてお詫び申し上げます。

図:IaaSサービス「Jip-Base」と各自治体の業務システムについて

【本件に関するお問い合わせ】
経営企画部 広報担当
TEL 03-5210-0136