ニュースリリース

「Jip-Base」の障害における復旧状況のご報告(第2報)

 2019年12月4日に発生した自治体専用IaaSサービス「Jip-Base」の障害により、ご利用の自治体の皆様および本障害の影響がある自治体の住民の皆様、その他関係者の皆様に多大なるご迷惑とご不便をおかけし、深くお詫び申し上げます。 IaaSサービス「Jip-Base」の本日時点の復旧状況について以下のとおりご報告いたします。

 今回の障害で影響を受けた全1,318の仮想OSのうち、90%がIaaSサービスとして復旧を完了いたしました。
 また、6%が復旧作業中であり、バックアップデータからの復旧、新たなご利用環境の構築などを行っております。
 なお、「バックアップデータが特定できないためIaaSサービスとして自社のみでの復旧が困難なもの」については、12月16日時点で15%とご報告いたしましたが、お客様保有の業務データによって復旧できたものや新たなご利用環境を構築することで復旧できたものなどあり、現在は4%まで減少しております。引き続きサービスの復旧方法についてお客様との調整を進めてまいります。

【本件に関するお問い合わせ】
経営企画部 広報担当
TEL 03-5210-0136