概要

Jip-Baseは複雑化する社会情勢や災害リスクへ対応する新たなインフラ基盤を、マルチベンダ・マルチキャリアを前提に自由度の高い構成で設計し、運用サービスを含めて提供するトータルなIaasサービスです。

最新の仮想化技術を使用して地方公共団体様のサーバ統合・サーバアウトソーシングを支援し、情報システム担当職員様のサーバメンテナンスにかかる負荷 軽減を実現します。

ご提案、導入段階から運用サービスまで、豊富な経験と知識を持ったメンバーがサポートする体制でお客様の「安心」を保障いたします。

特徴

高品質のサービスを低コストで実現

「Hybrid Cloud Service  Jip-Base」は、地方公共団体様が基幹系システムを安心して運用いただける仕組みのご提供を目的に、当社保有のクラウドセンタ基盤を用いて実現した新たなサービスです。高性能、高信頼性、高可用性、セキュアなサービスを低コストでご提供いたします。事前調査やネットワーク構築、システム移行作業など一連の導入サービスもご支援いたします。

他社システムにも対応

本サービス適用において、当社システムが稼働している必要はありません。他社システムを仮想環境へ移行し運用いただくことを可能とした「完全マルチベンダ環境対応」となっております。各業務システムベンダとの打ち合わせやシステム構築(移行)支援も行う、運用と導入強化型トータルソリューションサービスがJip-Baseの魅力です。

 

初期導入サービスメニュー

クラウド導入支援サービス

現状のお客様環境のシステムやサーバの詳細調査を支援し、クラウド導入前のコンサルティングや、導入の設計をいたします。

システム導入支援サービス

弊社以外のシステムを導入する場合、弊社でゲストOSの構築・保守まで行い、導入を支援いたします。

P2V移行サービス

現在稼動する物理サーバで稼動するシステムをJip-Base の仮想基盤上にコンバートいたします。

運用保守サービスメニュー

監視サービス

死活監視だけでなく、ゲストOSやアプリケーションのサービス監視、CPU/メモリ/HDDのリソース監視をソフトレスで導入します。

通報サービス

監視サービスでアラートが発生した場合、他社システムを含む全ての障害の一次切り分けを行った上で、お客様とシステムベンダにご連絡します。

バックアップサービス

ソフトレスでバックアップ環境を構築します。システムベンダに対して、設定支援も当社が行います。また、外部媒体保管も可能です。

サーバHAサービス

仮想基盤の万一のトラブル発生時でも、別のサーバで自動的な再起動を行い、継続的なサービスダウンを防ぐサービスです。

サービスフロー

Jip-Baseは地方公共団体専用の共同利用型Iaas環境です。 Jip-Baseでご提供するサービスは、お客様の環境によって自庁でのサーバ仮想化・統合、ハウジングでもご提案可能です。