関連製品

webMathematica  gridMathematica  アドオン  Wolfram|Alpha  CDF  CDF Player

 

 

高性能アプリケーションをインタラクティブなWebサイトとして配備.あらゆる入力に対して自動のカスタマイズされた結果を取得。

webMathematica 3はWebサイトに動的コンテンツを加えます。スライダーやその他のインタラクティブなコントロールを含むWebサイトでは、パラメータが変化すると新しい結果が計算されます。3D画像を含むグラフィックスは、ブラウザ内で回転させることができます。
これらはすべて Mathematica の計算・可視化機能により、また高トラヒックに適応し最新のWeb標準やサービスとシームレスに動作するwebMathematica のロバストな自動サーバ配備により可能となっています。

whatisIcon  webMathematica とは

newinIcon  新機能

keyIcon  主な利点

techIcon  テクノロジー

qaIcon  Q&A

supportIcon  サポートとリソース

examplesIcon  注目のサイトと例題

docsIcon  オンラインドキュメント

多数のCPUとGPUを簡単に制御し、大規模な問題を素早く解決

Mathematica に組み込まれている並列計算機能を拡張したgridMathematica は、より多くのタスクをより多くのCPU・GPU上でより速く並列実行することができます。
gridMathematica ではプロセスの協調と管理が完全に自動化されています。
適切な並列タスクが、コード変更の必要なくより高速で実行されます。(2011年7月リリース)

gridMathematica はネットワークで管理された16個の計算カーネルプールを提供します。

serverimage

gridMathematica は Mathematica のユーザグループでローカルで共有することも、リモートハードウェア上で実行し複数のコンピュータのパワーを集約することもできます。

gridMathematica の機能

gridMathematica は、お使いの Mathematica ライセンスのパワーをアップさせるための統合された拡張システムです。
それぞれのgridMathematica Serverは、複数のCPU上に分配された並列計算を実行するために、ネットワーク対応の追加の Mathematica 計算カーネル16個の共有プールを提供します。

serverimage2

既存の並列コードを変更する必要はありません。
gridMathematica Serverを利用可能にするだけで、並列プログラムに追加のCPUパワーが自動的に使われるようになります。
超並列タスクを行うときでも、ちょっとしたパワーアップが必要なときでも、必要なときにすぐに追加のパワーが利用できます。

 

gridMathematica は以下を提供します。

Mathematica の機能すべてのグリッド配備

最新の超高速数値計算ルーチン、画像処理、統計、金融の機能もグリッド配備できます。
GPUへのリモートアクセスや、分配された並列Cコードをその場で生成しコンパイルすることもサポートしています。Mathematica でできることは、グリッド上でもできるのです。

localimage

高レベルの並列プログラミング言語

グリッド計算の設定を難しくする主な原因となっている通信、同期、データ転送、エラー回復のほとんどが、この高度な言語により自動化されます。
データ転送の自動シリアライズにより、共通のファイルシステムを設定しなくても、構造化されたデータやプログラムをリモートマシンに送信することができます。

localimage2

クラスタ管理システムを含むHPC標準のサポート

Altair PBS Professional、Microsoft Windows Compute Cluster Server、Microsoft HPC Server、Platform LSF、Sun Grid Engineがクラスタ管理システムとして含まれます。
クラスタ管理のないシステムにはWolfram Lightweight Gridソフトウェアが含まれます。
ギガビットと高速ネットワークの他、CUDAとOpen CL GPUハードウェアもサポートされています。

localimage3

gridMathematica の購入方法

gridMathematica は組織のどのような状況にも最適にカスタマイズできる製品です。

通常、ネットワークライセンスマネージャが必要であり、クライアントマシンには Mathematica が、並列化のためにアクセスしたいマシンにはgridMathematica Serverとそれに含まれる
Lightweight Grid Managerアプリケーションがインストールされていなければなりません。
お客様のニーズに適したgridMathematica の設定についてお知りになりたい場合は、ぜひご相談ください。

バージョンアップや製品についてのお問い合わせはこちら

開発元のgridMathematica8の情報はこちら

adon

Mathematica アドオン

多数の応用分野を対象としたMathematicaアプリケーションを使って、Mathematicaの機能を拡張。

AceFEM
Mathematica 有限要素環境

AceGen
多言語,多環境の数値的コード生成

Analog Insydes
アナログ回路のためのインテリジェントな
記号設計システム

BEST Viewpoints
データ解析が簡単に

Control System Professional
記号処理機能を備えた制御系の包括的環境

Derivatives Expert
証券・デリバティブ分析のための革新的ソフトウェア

Experimental Data Analyst
Mathematica のパワーを使ったフィット,
可視化,誤差解析

Finance Essentials
私設金融システムの設計と解析

Fuzzy Logic
ファジィシステム探究のための最も柔軟な環境

Geometrica
厳密な描画と幾何

GeometricalGeodesy
Mathematica での高度な測地計算

Geometry Expressions
Mathematica を使ったインタラクティブな記号幾何

Industrial Optimization
線形,非線形,待合せ問題の局所的最適化

KNITRO for Mathematica
大規模非線形最適化のソルバ

LensLab
Mathematica 用の初歩的なレイトレーシングパッケージ

LinkageDesigner
機械プロトタイプシステム

machine learning framework
理解可能な計算モデルをデータから構築

MathCode C++
Mathematica プログラムから,
最適化されたC++コードを生成

MathCode F90
Mathematica プログラムから,
最適化されたFortran 90コードを生成

Mathematica Link for Excel
Mathematica のパワーをExcelと統合

Mathematica Link for LabVIEW
Mathematica とLabVIEWの統合されたパワーを利用

MathModelica
システム生物学とマルチエンジニアリングシステムのためのモデルベース設計

MathOptimizer
Mathematica ユーザのための高度なモデリング・最適化システム

MathOptimizer Professional
External LGO Solver Suiteを使った,高度な大域的・局所的非線形最適化

MechanicalSystems
Mathematica で運動・動的解析

Neural Networks
データフィットのためのニューラルネットワークの学習・解析

Objectica
Mathematica のオブジェクト指向性を使ったシミュレーション

Operations Research
最適化についての広範囲の問題を解くためのパッケージ

Optica
カスタマイズされた光学系を設計・分析するための新世代システム

PathwayLab Research Edition
生化学反応ネットワークのためのモデリングとシミュレーションツール

SchematicSolver
アナログ・デジタルシステムの回路図エディタ,記号的解法,処理,実装

SEM
デスクトップで簡単に Mathematica スーパーコンピューティング

SmartCAEHeat Transmission
熱移動のためのシミュレーションソフトウェア

Statistical Inference Package
アプリケーション指向の統計推定

Structural Mechanics
完全な記号処理機能を備えた弾性系と有限要素

Tensors in Physics
何百,何千もの要素を持つテンソル計算を実行

Time Series
時間依存性のデータ解析のための完全に統合された環境

TSi ProPac
制御系の設計と多体動力学

UnRisk PRICING ENGINE
迅速かつ正確な解析

VisualDSolve
Mathematica で微分方程式を可視化

Wavelet Explorer
新世代の信号・画像解析

A WorkLife FrameWork
Mathematica の適用範囲を拡張

wolframalpha_logo

計算知識エンジン Wolfram|Alpha

質問や計算を入力すると答が得られる-このオンライン計算知識エンジンにより、誰でもすぐに系統的情報にアクセスし計算できるようになりました。
Wolfram|Alphaは、誰でもすぐにあらゆる系統的情報にアクセスし計算できるようにする、ソフトウェア工学における高度な開発の成果です。
Wolfram|Alphaは Mathematica とWolfram Workbench で開発されており、計算はgridMathematica で、配備はwebMathematicaで行われています。

Wolfram|Alpha

CDF-logo2

現在のオンラインドキュメントは、古くなった新聞紙のように動きや精彩に欠ける単調なものです。
CDF(Computable Document Format)はオーサリングが簡単なインタラクティブ機能を中核としているため、読者がコンテンツを動かしたり結果をライブで生成したりすることが可能になります。

Wolframグループが発表したCDF標準は、計算パワーをエンジンとする知識のコンテナです。
CDFは通常のドキュメントのように簡単に使え、アプリケーションのようにインタラクティブです。

CDFを使うことで、考えの伝達ルートがずっと拡大するため、研究、教育、技術開発等のさまざまなシーンでのスピードアップが可能になります。

cdf_youto

CDFの使用例

CDF(計算可能ドキュメント形式)を使う理由

CDFはコンテンツ作成者にオーサリングしやすいインタラクティブ機能と便利な配信オプションを提供します。
これにより読者はコンテンツを操作し、結果をライブで生成することができるようになります。

CDFの優れた点

伝達ルートの拡大

通常のドキュメントのように簡単であり、アプリのようにインタラクティブなコンテンツが作成できる。

組込みの計算

読者にライブで新しい発見がしてもらえる。

オーサリングしやすいインタラクティブ機能

専門的なプログラミングスキルではなく、自動化された関数と平易な英語だけで多くの分野に対応。

配備の柔軟性

一旦作成すると、スライドショー、レポート、書籍、アプリケーション、Webオブジェクトとして配備が可能。

統合された知識

何百もの分野に特化されたアルゴリズム、データ、可視化機能にアクセス

CDFドキュメントの機能

cdf_power

他のテクノロジーとの比較

cdf_hikaku

 CDFを支えるパワー

cdf_kinou

CDF(計算可能ドキュメント形式)の導入

CDFを毎日のコミュニケーションツールにしませんか。
すでに多くの著作者、教育者、研究者、その他のプロフェッショナルがCDFテクノロジーを使って、専門的なプログラミング知識がなくてもインタラクティブな書籍、教材、レポート、アプリケーションを開発しています。

cdf_dounyuu1     cdf_dounyuu2

CDFの配備

Web上で、あるいはスタンドアロンのドキュメントやアプリケーションとして作業内容を公開

CDFのオーサリング

作成プロセスについて

ライセンスの種類

カスタムソリューションと商用配布について

CDFのプラットフォームサポート

cdf_dounyuu3

* モバイルプラットフォームのCDFサポートの詳細については、こちらからお問い合せください。

 

CDF-logo

CDF Player をインストールすると・・・

  • Wolframデモンストレーションプロジェクトのアプリケーションとインタラクトすることができます
  • Webブラウザ内でインタラクティブなドキュメントが操作できます
  • Mathematica で作成された例題、レポート、ファイルが閲覧できます