科学技術計算ソフトウェア Mathematica

教育・研究機関
情報活用
ITサービス
ソフトウェア

概要

WOLFRAM

世界で最も信頼できる最新技術計算システム

世界で最も信頼できる最新技術計算システム

Mathematicaは30年に渡り、最新の技術計算を定義し、世界中の開発者、教育者、学生等、何百万人ものユーザに重要な計算環境を提供してきました。

優れた技術的機能と使いやすさで広く賞賛されているMathematicaは、継続的に拡張される単一の統合システムを提供し、技術計算を広く深く取り扱うことを可能にします。最新のデスクトップシステムすべてでネイティブに利用できるだけでなく、あらゆるWebブラウザを介してクラウドでシームレスに利用できます。

特徴

最新の技術計算では他に匹敵するものがありません

30年に及ぶ精力的な開発努力と一貫したビジョンによって、Mathematicaは規模の大きさで群を抜いており、今日の技術計算環境とワークフローを独自の方法でサポートします。

すべてが統合された巨大システム

すべてが統合された巨大システム

Mathematicaは技術計算のあらゆる分野を扱うための組込み関数をほぼ5,000個も備えています。このすべてが、一緒に使えるように注意深く設計されており、完全に統合されたMathematicaシステムに含まれています。

数や数学だけではなくすべて

数や数学だけではなくすべて

30年の開発の上に構築されたMathematicaはニューラルネットワーク、機械学習、画像処理、幾何学、データサイエンス、可視化等を含むすべての技術計算の分野において、卓越した機能を備えています。

想像を超えるアルゴリズムパワー

Mathematicaにはすべての分野においてこれまでになくパワフルなアルゴリズムが組み込まれています。その多くは,ユニークな開発方法と Wolfram言語独特の機能を使ってWolframで作成されたものです。

これまで以上に高レベル

Mathematicaはスーパー関数やメタアルゴリズム等の高レベル環境をできる限り自動化して提供するので,作業が効率的に進められます。

すべてが非常に強力

すべてが非常に強力

Mathematicaは、すべての分野でのロバストで効率的なアルゴリズム、大規模問題を取り扱う機能、並列計算、GPU計算等、非常に強力な機能を提供するように構築されています。

パワフルで使いやすい

パワフルで使いやすい

Mathematicaは注意深く設計されたWolfram言語の他,アルゴリズムのパワーも利用して、予測サジェスチョン、自然言語入力等を備えた非常に使いやすいシステムを作成します。

文書化とコード作成

MathematicaはWolframノートブックインターフェースを使っています。これにより、テキスト、実行可能コード、動的グラフィックス、ユーザインターフェース等を含む豊かなドキュメント内で、すべての作業を整理することが可能になっています。

意味の分かるコード

Wolfram言語は、直観的な英語に似た関数名を持ち、設計も一貫しているため、読んだり、書いたり、学んだりすることが非常に簡単です。

結果を最高の外観に

高度な計算美学を備え、そのデザインで受賞に輝いたこともあるMathematicaは、結果を見やすく提示します。最高級のインタラクティブな可視化および出版品質のドキュメントを即座に作成します。

現実世界のデータを即座に取得

意味の分かるコード

Mathematicaは、何千もの分野における1分単位で更新される現実世界のデータを含むWolfram Knowledgebaseへのアクセスを提供します。

15万を超える例題

どのようなプロジェクトを始めるのであれ、ほとんどの場合、ドキュメントセンターの15万以上の例題、 Wolframデモンストレーションプロジェクトの1万を超えるオープンコードのデモンストレーション,その他多数のリソースからヒントを得ることができます。

シームレスにクラウドと統合

シームレスにクラウドと統合

Mathematicaがクラウドとシームレスに統合された結果、 ユニークでパワフルなクラウドとデスクトップのハイブリッド環境における共有やクラウド計算等が可能になりました。

何にでも接続

何にでも接続

Mathematicaは、180以上のファイル形式,他の言語、Wolfram Data Drop、API、データベース、プログラム、モノのインターネット、デバイス、配布されたMathematicaのインスタンスを含め、何にでも接続できるよう設計されています。

コアとなるテクノロジー

WOLFRAM言語

Mathematica から生まれ、現在ではMathematicaシステムを動かす,知識ベースのユニークな記号言語。

WOLFRAM ENGINE

ローカルおよびクラウドの幅広い計算環境全体にWolfram言語,そしてMathematicaを実装する,コアとなるソフトウェアシステム。

WOLFRAM ALGORITHMBASE

世界最大の統合されたアルゴリズム網で、Mathematicaに幅広く奥深い組込み機能を提供。

WOLFRAM CLOUD

WebブラウザだけでMathematica Onlineが実行できるようにするインフラストラクチャテクノロジー。

WOLFRAMノートブックインターフェース

Mathematicaに実行可能コード、豊かにフォーマットされたテキスト、動的なグラフィックス、インタラクティブなインターフェースを混在させることを可能にする、ユニークで柔軟なドキュメントベースのインターフェース。

WOLFRAM KNOWLEDGEBASE

Wolfram|Alphaを駆動し、Wolfram製品で使用する計算可能な現実世界データを提供する、非常に広範囲で常に更新されている知識ベース。

Mathematicaの軌跡

30年間に大きく成長しました

Mathematica 12には、Mathematica 1に含まれていた500以上の関数がまだ含まれていますが、現在ではそれにほぼ5000の関数が加わっています。システムのビジョンとスコープを劇的に拡張する新たな重要概念も多数含まれています。

Mathematicaの軌跡

1988年の革命

Mathematicaは、1988年の最初のリリースで、技術計算に革命を巻き起こしました。その後も毎年進化を続け、新しい関数、新しいアルゴリズム、新しいアイディアを導入してきました。

すべてのバージョンに新しいアイディア

Mathematicaの各バージョンは単なるソフトウェアアップデートではありません。それぞれのバージョンが、計算のパラダイムを新しい方向に拡張し新しい重要なアイディアを紹介する開発成果となっています。

数学を大きく超える

数学はMathematicaの最初の大きな適用分野でした。その成功をもとにして、Mathematicaは幅広い分野に系統的に拡張され、あらゆる形態の技術計算、さらにはそれを超えるものを扱うようになりました。

バージョン1で学んだことが今も使える

Mathematica 1で作ったコードは、30年経った今のバージョンでも使えます。今日の膨大なシステムであるMathematicaにも、Mathematica 1でコアとなっていたアイディアが含まれているのです。

革新がさらに高速に

Mathematicaは30年以上に渡り、それまでに増加してきた膨大な機能の上に系統的に構築することで、革新を加速させる驚くべき軌跡を辿ってきました。

30年間ずっと前進

Mathematicaはその中核原理と注意深い設計理念に常に忠実であったので、バックトラックすることなく、常に新しい機能や方法を統合し,前進し続けることができています。

関連リンク

PICK UPピックアップ

イベント
2021/10/06:#全業種共通 #ソフトウェア #ITサービス

2021/11/09 JTS Tech Conference 2021開催のお知らせ

ニュースリリース
2021/06/25:#金融 #クラウドコンピューティング #業務支援・文書管理

日本初、社債発行業務を迅速化・ペーパーレス化するクラウドサービスを構築開始

ニュース一覧を見る