簡単IoTエッジデバイス ParaRecolectar

製造
製造・販売
IoT

概要

生産現場で生まれたIoTセンサエッジデバイスが生産現場の課題を解決

ParaRecolectarは、生産現場で誕生した製品です。生産現場で必要とされる機能を盛り込んでおり、生産現場の人たちが生産現場のために作りました。
生産設備の状態を可視化し、監視することで異常をいち早く察知し、その原因がどこにあるかを調査するのに役立てる情報を提供します。
設備の運転状態をネットワーク経由で遠隔監視することが可能となり、点検工数の削減や製品の良品の条件を見出すことに役立てることができます。

概要

特長

IoTソリューションをシンプルにスタート

ParaRecolectarは、1台からシンプルにスタートすることができます。
センサは、設備を改造することなく、結束バンドや磁石、両面テープなどで簡単に固定できます。
簡単な設定で、すぐにデータの取得ができます。
当社が開発したParaReco Visualizar Liteを搭載していますので、取得したデータをブラウザですぐに確認できます。

IoTソリューションをシンプルにスタート

設備の故障予兆をサポート

ParaRecolectarは、振動、電流、温度、湿度、気圧のセンサーに対応し、お客様の環境に合わせて、自由に選択できます。

取得したデータをリアルタイムに確認できるだけでなく、品質管理に用いられる管理図、推移図の集計グラフにも対応しています。 警告しきい値、異常しきい値を設定することができ、しきい値を超えているかを簡単に確認できます。

振動データから周波数解析することで、より高精度な故障予兆を実現しています。

設備の故障予兆をサポート

ものづくり現場を支援するParaReco Visualizar Lite

現場の意見を取り入れたUI/UX

ParaReco Visualizar Liteは、生産現場の意見を十分に取り入れ、使いやすく、分かりやすいユーザインタフェースを実現したアプリケーションです。

バージョンアップ機能も搭載しており、今後もユーザのご意見をもとに継続改善していきます。

設備の状態を見える化

設備に取り付けたセンサを一覧で表示し、設備の状態をセンサを通じて確認することができます。
センサが正常に動いているか、異常を知らせる閾値を設定しているか、閾値に近づいているか、閾値を超えたかがひと目でわかります。各センサ単位でグラフを表示したり、同種類のセンサのグラフを並べて表示、重ねて表示することが可能です。

センサ一覧

センサ一覧

多彩なグラフで状況判断

センサから取得したデータは、リアルタイム表示、移動平均、管理図、推移図、また高速フーリエ変換による周波数グラフにより、いち早く異常を検知することが可能となります。

FFTグラフ

FFTグラフ

詳細サイト

ParaRecolectarの詳細については、株式会社名張ホールディングスのサイトにも掲載しております。

関連リンク

PICK UPピックアップ

イベント
2021/10/06:#全業種共通 #ソフトウェア #ITサービス

2021/11/09 JTS Tech Conference 2021開催のお知らせ

ニュースリリース
2021/06/25:#金融 #クラウドコンピューティング #業務支援・文書管理

日本初、社債発行業務を迅速化・ペーパーレス化するクラウドサービスを構築開始

ニュース一覧を見る